緑内障を改善しよう|目の復活は専門家に依頼

好きなものを見られる幸せ

先生

目の病気のひとつに、飛蚊症(ひぶんしょう)があります。年々罹患数は増加傾向にありますが、まださほど広く認識されていません。放置すると重症化する可能性もありますので、異常を感じたら病院を受診して早期発見に努めてください。

詳しくはコチラ

40代以上に多い目の病気

瞳

目の酷使は厳禁

年を取ると目も老化してくるため色々な病気にかかりやすくなります。かかる人が多い眼病が白内障や緑内障です。白内障は多くの人に知られていますが、緑内障は40代以上になると20人に1人がかかる病気であるにもかかわらず、症状について余り知られていません。目の眼圧が上がることにより視神経に障害が生じ視野が欠けてくる病気で、症状が進むと見えないところが増えてきます。目を酷使したり目の血流が悪くなると発症しやすくなるので、パソコンなどを使うことが多い人は意識的に目を休めるようにすることが大切です。片方の目だけに発症することが多いので、視野が欠けているのに気付きにくいため時々片目で物を見るようにして見えるものに違和感がないか調べると早く発見できます。

定期検診で早期発見

緑内障は早く発見して治療を受けると、進行を止めることができます。治療は主に点眼薬を用いることが多く、痛みなどもありません。症状が進むとレーザーなどを用いて目の眼圧を下げる手術を受けなくてはいけなくなるので、なるべく早く見つけるようにしたほうが良いでしょう。40歳過ぎたら眼科で定期検診を受けるようにすると、早く発見することができます。目を酷使する人の他に冷え性の人やメタボリックシンドロームで血流が悪くなる人も発症しやすい病気です。目の定期検診を受ける他に、食生活に気をつけたり運動して血流を良くするようにすると緑内障を予防する効果があります。またストレスも血流を悪くする要因となっています。最近では30代で緑内障を発症する人も増えているため、常日頃から気をつけることが大切です。

多くの人が患っている

目元

緑内障になると、眼圧が高まり視神経を圧迫して傷つけてしまうため、視野が狭くなったり視力が落ちるといった症状が表れます。さまざまな要因が重なり合って発症すると考えられているので、予防には生活習慣の見直しと、眼科での定期的な検査が欠かせません。

詳しくはコチラ

視界にあらわれる症状

看護師と医師

飛蚊症は、透明な糸や蚊のような物体が見えてしまう症状で、意外にもたくさんの人が経験をしています。珍しくはない症状なのですが、これが頻繁にあらわれてしまう場合は1度眼科で診てもらった方がいいかもしれません。飛蚊症の原因はほとんどが問題のない症状ですが、中には危険な場合もあるので気を付けましょう。

詳しくはコチラ